川辺 明 プロフィール

■名前: 川辺 明(かわべ あきら)
■出身地: 千葉県いすみ市
■誕生日: 2月7日
■趣味・特技:
◯プロ音響技術
・ハード分野: ミキサー等高精度回路設計技術
・ソフト分野: スタジオ録音技術、PA技術、エコー理論
◯特許取得
・携帯電話用「光るアンテナ」特許
・「オーディオ出力保護回路」、「BB信号形成回路」、ほか多数
◯アマチュア無線
・第一級アマチュア無線技士

略歴

高校時代からバンド活動を開始。
これまでに5つのバンドを結成。

電機メーカー(SONY)勤務時代に「川辺 明とイエローキャッツ」を結成し、ヴォーカリスト兼リーダーとしてビクターより、シングルレコード「シーサイド・ドリーム/モーニング・シティ」をリリース。
ポップスを中心とした音楽活動を展開し、FMラジオ生ライブ放送出演や、2つの万博へのライブ出演経歴を持つ。

近年は、ソロ活動を中心としており、CDリリースの「黄昏のラプソディー/私の歌」は全国有線放送に配信・放送中であるほか、カラオケDAMやJOYSOUNDにも配信され、全国で歌うことができるようになった。

黄昏のラプソディー/私の歌

主な経歴

1983年
川辺 明&イエローキャッツ結成。


1985年
つくばEXPO’85 エキスポホール出演。
1・2曲目にオリジナル楽曲「シーサイド・ドリーム/モーニング・シティ」を収録したLP「日本エスコフィエ」発売。
ライブの名門、新宿「ルイード」でのLP発売記念ジョイントコンサート出演。

1986年
ビクターよりシングルレコード「シーサイド・ドリーム/モーニング・シティ」発売、全国有線放送へ配信。

1987年
NHKのFMラジオ放送「バレンタイン FMライブスペシャル」に生演奏出演。
同ラジオ放送の「ジョイントライブ’87」に生演奏出演。
その後「USEN放送」に配信、2013年にはカラオケ「DAM」「JOY」に配信されているほか、USEN放送のリクエスト ランキングでは最高位第5位にランキングされた。

1988年
オーストラリア ブリスベーンEXPO’88「レジャー万博」日本政府館にソロ出演。
連続7曲歌唱のステージを2日間にわたり熱演し、好評を博す。
(この後、本業の設計業務が多忙になり、しばらく歌手活動を休止。)

2010年
2008年頃よりソロ歌手としての活動を再開。
「二十一世紀詩曲家教会」が主催の全国カラオケ選抜大会「全国歌謡大賞」にゲスト出演し、そこで素晴らしい楽曲「黄昏のラプソディー」に出会い感動する。
この曲の作曲者である柳田禮子 氏からの依頼もあり、二つ返事でCD化を決定。都倉俊一作曲の「私の歌」とのカップリングにてCD制作・発売に至った。
この発売をきっかけとして4本のラジオ番組に出演。

2011年
全国有線放送に配信。
また、名古屋市の友人からの依頼で、名古屋市近辺での福祉施設を「豊門(※)」し続けている。
年末にラジオ日本主催の年末特別歌謡番組に出演。
※心を豊かにする訪問ボランティアライブを指す造語です。

2013年
「黄昏のラプソディー」がカラオケDAMおよびJOYSOUNDにノミネートされ、全国配信が決定し、現在配信を完了している。

2016年
第2弾 CD都倉俊一作曲の「夕陽の歌/川辺 明」を発売。
発売と同時にUSEN放送に配信、リクエストランキングでは約半年後に最高位第4位を獲得している。

現在まで
ステージ出演も多くなり、2017年9月にはNHK大阪ホールでのイベントにも出演を果たしている。
また、2016年9月より首都圏でのFM放送局の30分歌謡番組「生きがいラジオ」のパーソナリティも務めており、現在に至る。

フォトグラフ

ここでは、川辺明の歌に関わる部分の他に、日常の写真も掲載しています。

画像は今後もどんどん追加していくので、お楽しみに!!

■2015年12月
「夕日の歌」のレコーディングでの一コマです。
東京渋谷の「ZERO STUDIO」にて。

■2014年4月
元衆議院議員である元○○産業大臣様です。
もう40年以上前からの歌仲間でもあります。実は「川辺明」の”明”は彼からいただきました。
昔は一緒に歌謡ショーを開催していたこともあります。^^

■2015年12月
東京府中市で開催されたクリスマスディナーショーにゲスト出演させていただきました。
その時の一コマです。

■2015年2月
本四連絡橋の下を遊覧船にて。

■2015年12月
岐阜県美濃加茂市にて開催された歌手「杏奈 瞳」さんのクリスマスディナーショーにて。
私はゲスト出演させていただきました。^^

■2017年
NHK大阪ホールで開催されたイベントの一コマです。
偶然、楽屋部屋が一緒になった歌手「光岡 洋」さんと。
たまたまシャツが同じで、「あ〜っ、衣装が同じ!!」と思わずパチリと撮りました。(笑)

■2016年11月
歌手ではなく、サラリーマンエンジニアとしての「土屋 研」の時間。
千葉幕張メッセで開催の「国際放送機器展 Inter BEE 2016」での一コマです。

■2016年4月
愛知県小牧市で開催されたイベントでの一コマです。